FC2ブログ

Love mode×××

Find me, please... I trust you.
[ スポンサーサイト ]
--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 / TB(-) / CM(-) /

[ 心。 ]
2010/05/23(Sun) 20:30:29
私は、
コンサートに行けないeighterの気持ちが、
痛いほどよく分かるので、

コンサートの感想はあえて書きませんでした。


でも、
今日だけ、書かせていただきます。



去年の、京セラドームでのカウコン。
eighterになって5年目。
初めて参加したコンサートでした。


本当に楽しかった。
「これが生のエイトなんだ・・・」って感動しながら、
最初から最後まで笑いました。

でも、
途中で、1曲だけ涙した曲がありました。

それが、
横山裕の『413man』でした。






私は、職業柄、
【人の死】によく立ち合います。

勤務している科の特徴もあって、
【死】は、驚くべきことではありません。

慣れてました。
今も、慣れてます。

どんなに治療をしても、
『ほぼ必ず亡くなっていく科』なのです。

じゃあ、なぜ治療をするのか?

こんな疑問と毎日戦っています。


そんな気持ちの中で聴いた『413man』でした。




胸をえぐられる思いでした。
言葉は悪いですが、責められているような気がしました。




「アンタにとっては何十人も亡くなっていく患者のなかの一人かもしれないけれど、
家族にとっては大切な一人なんだ」


と。




看護師としての意義を問われるような歌でした。







私、何やってるんだろう・・・・。





ヨコ山さんの歌は、
とても素直で
ストレートで


ヨコ山さんだからこそ
ヨコ山さんにしか



書けない詩だと思うのです。




その気持ちが、
私には痛かった。




死を看取る看護師としての原点を、
考えさせられる歌でした。





今でも、
聴くことができません。



『413man』と
『オニギシ』は。










もしかしたら、
これから先、ずっと聴けないかもしれない。










1分前に患者が亡くなったとしても、
1分後には笑顔で他の患者の前にいなくてはならない。







「患者の前では、常に女優であれ」と、
看護学校の教員から言われていました。




看護師を続ければ続けるほど、
性格が歪んでいくような気がします。





ランキングに参加しています。ポチッと押していただけると、泡吹いて喜びます。


ジャニーズブログランキング








 Love mode@Photo diary 

 LoveMode @minidiary











スポンサーサイト

You.Y / TB : 0 / CM : 0 /

シンデレラ(BlogPet) / HOME / 録したかも(BlogPet)

 C O M M E N T

 C O M M E N T P O S T

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

 T R A C K B A C K

この記事のURL
   http://utamaro8.blog117.fc2.com/tb.php/589-913464a0




copyright © 2018 Love mode×××. All Rights Reserved.
Photo by テンタイカンソク/ Template by odaikomachi
  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。